~ 診療時間 ~


~ 当院の糖尿病診療コンセプト ~

 院長(紀田康雄)は大学病院や国立循環器病センター、第二岡本総合病院、移転後の京都岡本記念病院などで長年にわたって様々な内科疾患、心血管疾患や透析室での診療を行うとともに糖尿病専門医として非常に多くの患者様の診療に携わってきました。同時に沢山のデータを集積して分析することで糖尿病の成因や血管合併症の疫学、合併症の危険因子や相互関係、糖尿病と生命予後や睡眠時無呼吸症候群(SAS)、認知症との関係など幅広い研究をしてきました。

 さて、糖尿病治療の最も大事な部分は食事のカロリー制限や運動療法ですが実行するのは容易ではありません。特に肥満の方は食欲旺盛な方が多く「解っちゃいるけど止められない」のが実情です。しかし、頭ごなしに厳しい指導をするのは好きではありません。患者様の意思や考え方を尊重しながらも、ライフスタイルに合わせてやる気スイッチを入れられるか否かが主治医の力の見せ所と感じています。また飲み薬やインスリン注射をドンドン増やしての血糖コントロールも好きではありません。常に皆さんと相談しながら共同作戦で進める糖尿病診療を考えています。「まず少しずつ生活習慣を改める」「薬はなるべく少なく」「シンプルな治療薬の選択」が私のポリシーです。糖尿病の「かかりつけ医」として専門病院とも連携を取りながらスタッフと共に皆様の手助けができたよいなと考えています。

 糖尿病は「あなたが主治医!」です。




~ お知らせ ~


~ 交通・アクセス ~

デイリーヤマザキの斜め向かい側に

きだ内科クリニックがあります

久津川クリニックモールの

カラフルな看板が目印です